皮膚の歳時記

世田谷区の皮膚形成外科、千歳台きたのクリニックです。季節の変化と皮膚の健康の関係は切っても切り離せません。季節ごとの皮膚のお話をちょっとずつお伝えします。
<< 気象病 | main | 肝斑診断におけるダブルスタンダード >>
さまよう肝斑
0

    今年もそろそろ、「シミ治療」の季節です。

    真夏でもシミ治療は十分可能ですが、やはり気分的には、涼しくなってから、でしょうか。

    今回、何かと話題の「肝斑」について、私の見方をお伝えしたいと思います。

     

    実は、ここ2、3年ぐらい「肝斑」の診断と治療に関して、専門家と一般の人々を巻き込んだ混乱があり、学会でも議論が沸騰していました。

    これに対して、今年4月の学会で一応、コンセンサスに到達したかのように見えます。

    しかし、公式な「声明文」みたいなものがあるわけではなく、

    肝斑をどう考えてゆくかは、いまだ個々の医師に任されています。

     

    現在多くの医師の教科書として使用される「あたらしい皮膚科」では、肝斑について以下の記載があります。「ゞ界明瞭な淡褐色の色素斑」「∨防瑤鮹羶瓦忘険β仂里暴亳宗廖岫L椶亮りには出ない」「30代以上の女性に好発する」「セ膤粟・ホルモンなどが原因と考えられている」「Ε譟璽供爾鮠伴佑垢襪函⊃Я任強くなるので、禁忌」「Д魯ぅ疋蹈ノン外用やトラネキサム酸内服も行われる」「病理学的に基底層中心にメラニン顆粒の増加を認める」(「あたらしい皮膚科」より)

     

    大多数の医師が上の記載およびそれに近い知識によって肝斑を診断・治療しています。しかし、実際の診療ではいくつかの問題があります。

     

    1)医師は通常、 櫚い鬚發箸亡擬圓気鵑離轡澆鮨巴任靴泙后

    2)しかし、 櫚い砲△討呂泙襯轡澆蓮肝斑以外にもたくさんあります。

    3)つまり、 櫚い砲△討呂泙襪犯獣任気譴織轡澆涼罎砲蓮肝斑以外のシミ(したがって、レーザーで取れるシミ)が含まれている場合が少なからずあります。

    4)結局 櫚い砲△討呂泙覺糧辰里Δ繊↓Α屮譟璽供爾篭愆」であるシミが「真の肝斑」となります。

     

    医学の教科書では、通常「定義により診断し」「診断のもとに治療法を羅列する」という順番で書かれますが、肝斑の場合は「レーザーを照射すると悪化する」という治療論が定義の一部になっています。これでは、極端に言えば「レーザーを照射して肝斑かどうかを見分ける」ことになりかねません。

     

    レーザー治療当事者からすれば、「治療して初めてわかる診断」はナンセンスです。なんとしてでも、「レーザーで治るシミ」と「レーザーを照射してはいけないシミ」を「治療前に」見分ける必要があります。治療前にはっきり見分けることは、われわれレーザーを真剣に扱っている医師にとっては当然のことです。ただし、これは、相当専門的な知識と経験を要し、労力を必要とします。レーザー治療を真剣にやっている医師以外の診断が甘くなることは十分理解できます。

    結局、このような「診断力の差」が、混乱のもとを作っています。

     

    さらに、ここで事情を難しくしているのが「肝斑を取れるレーザー」と「肝斑はレーザーで悪化する・肝斑には内服治療で」と主張する市販薬が登場したことです。

    二つの方法の言っていることが真逆であることは、どなたにもすぐお分かりかと思います。

    これについては次回、私の考えをお伝えします。

    | kitanohifukei | レーザー | 10:40 | - | - | - | -
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    このページの先頭へ