皮膚の歳時記

世田谷区の皮膚形成外科、千歳台きたのクリニックです。季節の変化と皮膚の健康の関係は切っても切り離せません。季節ごとの皮膚のお話をちょっとずつお伝えします。
<< 異次元の家庭生活 | main | 堆肥のミラクル >>
きゅうり初心者
0

    本当は、石灰をまいてから苗を植えるまで2週間あけるらしいのですが、
    母曰く、「私はそのまま植えちゃってるよ」。私もえいっ、と植えちゃいました。
    そのせいか、成長が遅いように見えましたが、
    キュウリもトマトも勢いがつくと、ぐんぐん伸び始め、
    今や、キュウリは私の手の届かないところまで、トマトは私の身長ぐらいまで伸びました。
    キュウリはそこで芯止め。
    ぽつりぽつりとキュウリの収穫が始まりました。

    キュウリ5株のうち、2株は「エアコン室外機を日射から守るため」と、室外機の前に作りました。
    これが、なんだか成長は遅いし、
    そのうち、葉っぱに白い点々がついてきました・・・
    どうやら、うどんこ病らしい!!
    うどんこ病は乾燥する環境でかかりやすいとのこと、
    エアコン室外機の前に作るなんで、とんでもないことだったんですね。
    病気のはっぱをむしり取ってゆくうちに、雌花の勢いがなくなり、全体に弱ってきたような気がしたので、抜いてしまいました。

    残りの3本も一様ではありません。
    日光の当たり方がまちまちなためでしょうか、出来にずいぶん偏りがあります。ぐんぐん雌花をつけているのは1本だけ、ほかの2本は、ほんのちらほら。
    思い切って、日照の邪魔をしている梅の枝を切ったら、元気になりました。

    どっさり収穫し、クリニックのスタッフに分ける夢を描いていたのに、
    すでに5株のうち2株は戦線脱落。
    「スタッフひとり1本」のハードルはなかなか高い!

    今朝見たら、3株とも順調に側枝をふやしています。1か所に2つの雌花をつけているところもあります。
    昨日の高温と日射のおかげでしょうか?
    「どっさり収穫」はこれからかな?




    | kitanohifukei | あれこれ | 13:49 | - | - | - | -
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    このページの先頭へ