皮膚の歳時記

世田谷区の皮膚形成外科、千歳台きたのクリニックです。季節の変化と皮膚の健康の関係は切っても切り離せません。季節ごとの皮膚のお話をちょっとずつお伝えします。
<< レーザー閑話:その3 | main | 異次元の家庭生活 >>
レーザー閑話:その4
0
     前回まで、エルビウムヤグレーザーを讃える内容を書きすぎたような気がしますので、
    今回は炭酸ガスレーザーを擁護する内容を書きます。

    私のクリニックでは、エルビウムヤグレーザーが主役になったとはいえ、まだまだ炭酸ガスレーザーの出番はあります。
    炭酸ガスレーザーの利点を挙げてゆきましょう。

    1)ビームが細い。
    2)熱伝導が問題にならない組織ならばOK

    前回までに見てきたように、炭酸ガスレーザーは、周囲にどうしても熱を伝えてしまいますので、熱がまわりの皮膚に伝わりづらい組織なら、熱伝導の問題は生じません。
    また、ビームの細さは、最低で0.2个函▲┘襯咼Ε爛筌哀譟璽供爾1个5分の1ですから、ものすごく小さな対象を治療する場合には有利です。

    この点、首のアクロコルドン(首のイボ)は、皮膚から突出した小さい構造物です。熱の大半は空気中に放散し、皮膚に伝わりにくいので、炭酸ガスレーザーでも大丈夫です。また、ものすごく小さいイボに対しては、ビームが細い炭酸ガスレーザーの特徴を生かすことができます。

    さらに、メスのように「切り取る」目的で使用するためには、ビームが細く、止血作用がある炭酸ガスレーザーが有利です。

    3)止血作用がある。
    照射部位にタンパク変性を起こすことは、組織を壊死させることではありますが、止血させることでもあります。止血が必要な治療には、積極的に炭酸ガスレーザーを使用します。

    4)水分が多い組織では、スムーズな蒸散となる。
    炭酸ガスレーザーは、水分の少ない組織では焦げやすく、多い組織では、純粋な「蒸散」に近づきます。
    脂肪線維腫のような水が多い組織ならば、炭酸ガスレーザーでも理想的な蒸散に近い治療になります。

    逆に、組織内深くまで蒸散させなければいけない対象物、たとえば、ほくろや汗管腫、脂腺増殖症などでは、周囲の皮膚に熱が伝わりづらいエルビウムヤグレーザーが圧倒的に有利です。

    こんなかんじで、エルビウムヤグにこだわっているわけではなく、時と場合により、使い分けています。
    | kitanohifukei | レーザー | 20:00 | - | - | - | -
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    このページの先頭へ