皮膚の歳時記

世田谷区の皮膚形成外科、千歳台きたのクリニックです。季節の変化と皮膚の健康の関係は切っても切り離せません。季節ごとの皮膚のお話をちょっとずつお伝えします。
<< 受験が終わり・・・ | main | ステムセラー >>
はるちゃんも「姫」だった・・・
0
     数日前、突然、なっちゃん(コザクラインコ)の行動がおかしくなりました。
    かごから出て、人のうでに止まったなり、なんだか「ぼーぜん」としています。
    いつもならば、かごから出されると勢いよく、こたつの上の紙類をかじりまくるのに、
    その日は、そのような行動もなく、
    おやつをねだることもなく、ただ「ぼーぜん」。
    いつもならば、20分も遊ぶとおなかが減ってかごに戻るのに、
    なにをするでもなく、ただじっと空中を見て、腕に載っていました。

    かたや、はるちゃん(ボタンインコ)。
    その日は、巣から全く、出てこない。

    時間が来たのでなっちゃんをかごに戻し、バスタオルをかけて寝ました。

    翌日、なんと、かごの中に卵が一つ。
    あ、そうだったんだ。
    はるちゃんが卵を産んだのです。

    表現が難しいのですが、卵は「巣」の中ではなく、「かご」の中に落ちていました。
    実は、藁でできた「巣」、4たび鳥たちに食いちぎられ、よれよれになって、崩落寸前になっていました。。
    巣の中で産み落とされた卵は、コロコロと転がって、巣から落ちてしまったようです。
    かわいそうなはるちゃん。
    生まれたばかりの卵は、抱かれる前に転がり落ちてしまいました。

    翌日もう一つ卵を産みましたが、新しい巣が到着するのに間に合いませんでした。

    というわけで、我が家のインコは二羽とも「姫」ということが発覚。
    これで「生まれる」心配はなし。
    うれしいような、残念のような・・・

    それにしても、はるちゃんが初産を迎えたその日のなっちゃんの放心、あれはなんだったのだろう。
    心配だったのか、ショックだったのか、どうしてよいのかわからなかったのか。

    卵がなくなり、2羽は、いつもと同じく、なかよしこよしで遊んでいます。

    インコたちはお話が大好きです。
    腕にとまったはるちゃんに、「むかしむかしあるところに・・・」とお話を始めると、
    かならずなっちゃんが飛んできて、並んでお話を聞きます。
    つぶらな瞳で私を見つめ、仲良く並んでお話を聞いている2羽。かわゆいものです
    | kitanohifukei | インコたち | 23:27 | - | - | - | -
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    このページの先頭へ