皮膚の歳時記

世田谷区の皮膚形成外科、千歳台きたのクリニックです。季節の変化と皮膚の健康の関係は切っても切り離せません。季節ごとの皮膚のお話をちょっとずつお伝えします。
<< エステ脱毛について | main | はるちゃんも「姫」だった・・・ >>
受験が終わり・・・
0
     

    次女の大学受験が終わった。1月から3月後半まで、非常に長い受験だった。

                                                

    娘の受験成績は2勝1敗。最大の「武器」として使えるはずだった数学には、センターで笑い、本試で泣いた。本試で落ちたのは数学の不振が原因だった。最後の2か月、過去問は安定して解けていたのに・・・

    母「あんなに自信あった数学なのに、どうして最後の最後でだめだったんだろうねえ」

    娘「たぶん、自分じゃ意識していなかったけど、緊張してたんだよ。緊張すると地が出るんだとおもう・・・」。

    何はともあれ、後期で合格した大学へ進学することとなり、一件落着。

     

    大学受験の間、娘は人が変わったように「丈夫に」なった。

    彼女はいつも朝が弱く起きられない。年がら年中花粉症(?)で鼻をグズグズいわせている。若いのに、しょっちゅう頭痛だの、腰痛だのを訴えていた。それが、受験最後の半年間、これらの症状がピタッと止まったのだ。朝は必ず6時に起き、きりっとした表情で朝勉強。元気に学校へ向かい、塾で夜10時過ぎまで勉強。11時半就寝。判を押したような生活を週に7日間繰り返した。なぜか花粉症の症状は現れず、頭痛腰痛もなくなり、インフルエンザもノロも近寄らなかった。受験が終わった途端、激しい花粉症に見舞われたのは、季節のせいか気がぬけたせいか。

    鬼門の数学では、最後に何か「光」のようなものが見えた。夏に文転してからスタートした日本史世界史では、スポンジが水を吸うように知識を吸収していった。「毎日楽しくてしょうがない。こんな楽しい受験生でいいのかなあ」などと言っていたのは、まんざら自分を鼓舞するためだけではなかった。学び、理解することがこんなに面白いことだと知り、今までの自分を突き抜けるような体験をした半年だった。

     

     具体的な目標がなくなると「地」に戻るのか。単に緊張が解けただけなのか、受験期の颯爽たる姿はどこへやら、こたつでダラダラと寝ている娘を見てると、あの緊張が懐かしくなる母でした。

    | kitanohifukei | 子育て・教育 | 22:35 | - | - | - | -
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    このページの先頭へ