皮膚の歳時記

世田谷区の皮膚形成外科、千歳台きたのクリニックです。季節の変化と皮膚の健康の関係は切っても切り離せません。季節ごとの皮膚のお話をちょっとずつお伝えします。
<< 生まれるのだろうか | main | 今年の梅 >>
想像妊娠?
0
     産卵後、1週間を過ぎると、もともとテキトーだったなっちゃんの抱卵がますますテキトーさを増してきました。
    羽を膨らませて奥でじっと卵を抱いている姿もあるのですが、
    ちょっと覗き込むと「らっきー」とばかり、卵を離れて外に出てきます。
    放鳥時間は、外に出てきて遊ぶことが多くなりました。
    うんちが小さくなりました・・・

    そういうときに見つけたのがこのサイト

    http://www5b.biglobe.ne.jp/~clara/kyukyutai-QA/otokonokoonanoko/museiran.html

    うーん、うちのなっちゃん、ここに書いてあるコザクラ母さんと違うなあ・・・・
    「小桜インコは女の子だけが卵を暖めます」
    はるちゃんも暖めてたよ。口をもぐもぐ、なにかかじりながら、ちょっと迷惑そうに、「はやくかーちゃんかえってこないかなー」と言いたげに、でしたが。
    「食事は男の子が口移しに女の子に食べさせます」
    そんな姿は全くなかったよ。
    なっちゃんは、一番熱心に抱卵していた時も
    おなかが減れば下に降りてきてモリモリ食べていた。
    「(無精卵の場合)には、食べさせてくれる男の子がいませんから、女の子は、卵を暖めるか、ご飯を食べるかのどちらにするか葛藤しています。」
    なっちゃんは、モリモリ食べていたのです。葛藤、てかんじじゃなかったなあ・・・

    今週に入って、明らかになっちゃんは抱卵に「飽きて」きました。
    そこで隙を狙って検卵。
    無精卵でした(ちょっと安堵)。
    冷たい卵を抱いている姿を見るのもつらいし、この気温では卵が腐るでしょうから
    捨ててしまいました。

    なっちゃんは特に大騒ぎもしないのですが、
    卵がないのに、巣の奥の定位置にもどって、羽を広げて抱卵ポーズ。
    これも泣けます(涙)

    | kitanohifukei | インコたち | 21:39 | - | - | - | -
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    このページの先頭へ