皮膚の歳時記

世田谷区の皮膚形成外科、千歳台きたのクリニックです。季節の変化と皮膚の健康の関係は切っても切り離せません。季節ごとの皮膚のお話をちょっとずつお伝えします。
<< コザクラインコのなっちゃん・・・発情期だったのだ | main | リンゴ病にご注意 >>
初産
0
     新しい「中型巣」を入れてから、2,3日。
    二羽は元通りの仲よしこよしに戻りました。
    はるちゃんを帰宅させるのに苦労することもなくなりました、

    でも、以前に比べて、なっちゃんの「巣」での滞在時間が圧倒的に長くなりました。
    気がつくと、紙切り細工もしなくなっていました。
    放鳥時間になると、はるちゃんはパーっと出てくるのに、はるちゃんは巣にこもっています。
    たまに出てきても、以前のように二羽で仲良く行動しません。

    そして、なっちゃんは、気に入った毛布の上で自慰行為をはじめてしまったのです。
    羽を膨らませて、毛布のはしをくわえて、耐えるような表情でおしりをスリスリと・・・
    あーなんか見てられない##

    はるちゃんは、陶酔するなっちゃんを「なにやっとんの」ちゅう表情でスルーして、自分の好きな遊びをしています。
    うーん、クールなはるちゃん。この2羽、オス同士かメス同士なんだろうな・・・

    なっちゃん、ばかでかいウンチをするので、巣の中はさぞかし不潔になっているだろう・・・
    と思って巣を覗いてみると、
    なんと、巣の中には一つもウンチが落ちていません。
    あんなに滞在時間が長いのに・・・
    これには感心してしまいました。
    鳥とは、ところ構わずウンチをするものだと思っていました。
    巣の中、放鳥中の部屋の中はもちろん、自分の餌箱や飲み水の中にもウンチをしてしまいます。
    なのに、巣には全くしないとは・・・自然に備わっている清潔感に脱帽です。
    (「立つ鳥跡を濁さず」といいますが、実は鳥は自分の巣を濁さないものなんですね。)

    昨日、なっちゃんが巣の奥でじーっ、とこもって出てこないので、おかしいなあと思って、隙を見て覗き込むと、かわいい卵が一つ。
    そういうことだったんだ・・・・
    いま、なっちゃんのお尻は再び膨らみ、2個目の卵を産む準備にはいっています。
    これが、二人の愛の結実である有精卵なのか、なっちゃんが勝手に発情したために生まれた無性卵なのかは、一週間ほどしないと分かりません。
    なっちゃんが女の子だということは判明しましたが、はるちゃんが男か女かは、まだわかっていません。
    今まであまり夫婦らしい行動がなかったので、なっちゃんの勝手な発情の結果かもしれません。

    面白いことに、初産の当日は白けた顔で外遊びしていたはるちゃんが、二日目には「お父さん」の顔になっていたのです。
    なっちゃんが奥で抱卵する間、はるちゃんは、巣の入り口で見張っています。
    なっちゃんがストレス解消におもちゃと戯れる間、はるちゃんは必ず代わりに巣に入って、番犬のように顔を外に出して見張るようになりました。
    もしも卵が有精卵なら、お父さんとして自然な行動なのでしょう。
    そうでなく、なっちゃんの勝手な発情で生まれた卵ならば、そんな卵のために一生懸命になってるはるちゃんは、結構なお人よし・・・ではなく、お鳥よしですよねえ。
    もう少し様子をみることにしましょう。

    harutonatu

    初産の日の朝。携帯をむけると警戒して羽を膨らませるなっちゃん。なっちゃんにもたれかかって外をのぞき見るはるちゃん。

    | kitanohifukei | インコたち | 21:25 | - | - | - | -
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    このページの先頭へ