皮膚の歳時記

世田谷区の皮膚形成外科、千歳台きたのクリニックです。季節の変化と皮膚の健康の関係は切っても切り離せません。季節ごとの皮膚のお話をちょっとずつお伝えします。
<< 6月からの変更点 | main | コザクラインコのなっちゃん・・・発情期だったのだ >>
EEE
0
    電子カルテの導入は、思いのほか力仕事となり、6月前半は全く休日がありませんでした。
    ようやくひと段落し、狙い通りのサクサク診療がかなうようになったところで一休み。

    と、高校3年の次女が得意そうにある本の内容を披露した。

    Easy(簡単にできて)
    Effortless(努力していると感じない)
    Enjoyable(楽しい)

    これら3つの形容詞の頭文字を並べてEEE。
    マイケル・レイとかいう人がスタンフォード大学の講義で、ビジネス成功のキーワードとして言った言葉だそうな。

    何のことはない、一生懸命数学の勉強をしてきたのに、模試で思うように点数を取れない現実に泣いていた娘が、
    ある重大な決定を下すにあたり、彼女の背中を押してくれてしまった言葉である。
    その結論とは、

    苦痛な数学を捨てる。
    得意な分野(語学、しゃべくり)に集中して受験に賭ける。

    根っから数学至上主義の両親はあっけにとられてしまった。
    あくまでも受験数学の範囲の話であるが、
    数学ほど楽しく、ロマンと喜びにあふれ、やりがいのある科目はない、と信じ切っていた親にとって、
    「数学が苦痛」と言う感覚が分からない。
    姉だって、数学が得意だったではないか・・・

    まてまて、子供にはそれぞれ神様から与えられた適性と言うものがある。
    それを的確に見出して適切な方向へ送ってあげるのが親の役目ではないか。
    たとえそれが親の想像を超え、理解できないものであっても、子供の楽しみ・喜びが導いてくれる方向を正しい方向として認めてあげるべきではないか・・・

    などと、親が煩悶するのを尻目に、娘は早々と「EEE」に導かれるまま、
    一日にしてルンルンと理系の道を断ってしまったようだ。

    まあいいや。「将来の成功」のために今の「苦痛」を我慢するという考え方は、私自身、不得意である。
    今、生きている時間を生き生きと過ごすこと、それが、未来の自分を形作る(と信じたい)。

    EEEのeffortlessとは、「努力せず」ではなく、「苦痛なく」というニュアンスに近いのだろう。
    加えて、「肩凝りなし」の和訳を付け加えたい。
    努力・頑張りには、良い努力・頑張りとあまり良くない努力・頑張りがあると思う。
    現実には両者の見極めはしづらいが、
    私の場合、「悪い」ほうの努力の結果は、「肩凝り」となって現れる。
    ふだん殆ど肩凝りを感じない私が「肩凝り」を感じる時は要注意である。
    なにか無意識に悪いものと格闘している証拠である。
    そういう時は、何が私の生活に張り付いているか、じっくり考えて、対策を練らなければいけない。

    ここ10日ほど、珍しく肩凝りに苦しめられていたが、ようやく終焉を迎えつつある。
    電子カルテのセッティングは楽しかった、と自分では思っていたが、見えない魔物が取りついていたのだろうか・・・?


    | kitanohifukei | あれこれ | 22:42 | - | - | - | -
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    このページの先頭へ